家庭を持たない選択肢

家庭持つって考え方によっちゃデメリットの大きさ考えないとですね

常に人の存在を感じながらお互いの生活が目に余る事も起きる

仲がいくら良くてもずっと隣にいれば逆にモヤモヤする

 

何よりも女性は視ていてほしいと思う生き物

これが実に鬱陶しい

健全な男の視点とすれば恋愛なんてのはとても鬱陶しい

 

そこにピリオドを打ったと思えば手間のかかる世話係が始まる

怠ればメンタルにかなり悪い報復もある

目の前の趣味に打ち込みながらも頭の片隅には置いておかないと面倒ごとになる 職人気質の人間に家庭は向いてないのではないでしょうか

 

実は私自身、空気みたいな人がいればなと思ってました

そんな都合の良い人間はいません

余りにも願望を抱くならリアルを見る前に試して欲しい事があります

次元一つ落とすなり、空気みたいな動物に抽象度を上げるか他の選択肢を視野に入れてみると良いです

 

生きるのは何かしらの苦があるものですが、それらを出来るだけ遠ざけて生きるというのも一つの幸福に繋がるのではないでしょうか?

 

中でも孤独を恐れてる人が多いと感じます

孤独が怖いのではなく、孤独を恐れてる周囲が怖いのではないか? と考えます

一人でも何だか楽しそうな同士がいるのなら孤独も和らぎます

何より恵まれ過ぎてる時代にいるのです

今手に取ってる端末さえあれば時間が足りない程、全てを忘れてゲームができます

 

半分本気で半分冗談です

どうせ苦しい事はありますが、一時的に解消する方法はいくらでもあります

 

と、この様に弁解をしてみました が、孤独は体にはよろしくないとの事ですので程々に

なので 、問題視されても良いのではないかと提起します

私が疑問に思う事は、中年世代の過ごし方について分からないんです

自身は本を読んだりネット環境があれば室内で娯楽が完結してしまっているので問題ないのですが

 

こんなんで済ませてる人が一般的なのかと言われればそこまでですが、 日本は人間関係のコネが浸透せず、流動性もないので1日の大半を占める職場での孤独は 自宅内内職完結とは違って人の目がある分だけ孤独を感じやすい では?

会社外で人間関係があるかと思えば接点のある共有環境はあるだろうかと?

 

土台となる環境に居場所がないので日本では家庭に居場所を求めるのが消去法で残りました

そして、家庭に居場所があるかと考えると

幻想だ

居場所のない人間同士が家庭に居場所を求めても結局居場所はないのだ

ゼロにゼロ足してゼロですよね

もう少し、ライフスタイルに議論がなされるべきかと

 

収益増なんてもう世間では期待されてない

更に課されるは増税の増税だ

庶民の事など政治家は考えたりはしない

鶏がどんな生活してるかを消費者である私達は考えない

それでも鶏と違って訴えられる

お金は大事ですけどそれ以上に幸福度について考えるべきではないでしょうか?